ボトムズ・高橋良輔監督

BSアニメ夜話ボトムズ感想、ペールゼンファイルズ情報

BSアニメ夜話で装甲騎兵ボトムズが取り上げられた。

岡田斗司夫氏はボトムズをリアルタイムで見ておらず、あまりシンパシーがないようだ。
福井晴敏氏もガンダムの富野由悠季監督シンパでガンダムとの比較が多かった。
氷川竜介氏のアニメマエストロではアニメアールが取り上げられたが、目新しい話はなかった。

岡田斗司夫氏のお気に入りのシーンの後で、ウド編がいきあたりばったりということの後で、サンライズの井上幸一氏がボトムズにはシリーズ構成がなくストーリー作りがいきあたりばったりに近いということを否定しなかったが、これを聞いて高橋良輔監督について誤解する人が出てくるのではないかと心配になった。その後でも次回予告は全部書いたが、本編のセリフの手直しはしなかったという話もあった。

ガサラキで助監督をした谷口悟朗氏(コードギアス監督)は、高橋良輔氏はなにもしていないように見えるのに、出来上がったフィルムは高橋監督独特のものになっているのに驚いたと語っている。その極意「にょろにょろ」を何とか会得したものだと言っている。

このように高橋良輔氏はスタッフに自由にやらせているように見えて、しっかりとした自分の作品を作ることの出来る監督なのである。

またシリーズ構成についても、当時は原作というクレジットがそれに近いものだったのではないか。
プロットを高橋監督が脚本家にメモで渡したり口頭で伝えていて、決して脚本家に全て任せていたわけではないはずである。その中で脚本家のアイデアを最大限に生かしていたのだろう。

次に新作ペールゼンファイルズの情報。

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ (1)
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ (1)

OVAで10月26日発売開始。

監督:高橋良輔
シリーズ構成:吉川惣司
キャラクターデザイン:塩山紀生
メカニカルデザイン:大河原邦男
アニメーション制作:アンサースタジオ
企画・製作:サンライズ

キリコ・キュービー:郷田ほづみ
ネハルコ参謀総長:渡部 猛
ラーキソン少将:塚田正昭
フェドク・ウォッカム:石塚運昇
ヨラン・ペールゼン:大塚周夫
ナレーション:銀河万丈

第1話「渡河作戦」
脚本:吉川惣司
絵コンテ・演出:竹内一義
作画監督:渡辺裕二

第2話「ガレアデ」
脚本:吉川惣司
絵コンテ・演出:山口武志
作画監督:宇田明彦

http://animeanime.jp/news/archives/2007/06/_1026625.html
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070626/bandai.htm
http://www.famitsu.com/anime/news/2007/06/25/681,1182765250,73960,0,0.html

装甲騎兵ボトムズ アクティックギア AG-V16 スタンディングトータス
装甲騎兵ボトムズ アクティックギア AG-V16 スタンディングトータス

| | コメント (0)

高橋良輔アニメ ノベライズ・小説一覧

高橋良輔監督アニメ ノベライズ・小説一覧

前のブログから移行・改訂版
※印は未確認です。
同人作品は含みません。
雑誌掲載されたまま単行本になっていないものは十分把握していません。
追加・訂正がありましたらご教示ください。

以前のブログでキミドリさんからコメントで詳細な雑誌連載小説のデータをいただきました。その情報を追加いたしました。
他に幡池イラストの連載(内容・執筆者不明)がB-CLUBにあったそうです。

太陽の牙ダグラム

「BATTLE STORY IN TEAL.」
製作総指揮 勝又 諄、作画担当 不死臣志狼、モデル製作 真泉組
「デュアルマガジン」
ティアル星戦記SECT.1”ラブ・コール” 1983年第6号
ティアル星戦記SECT.2”ホットライン” 1983年第7号
ティアル星戦記SECT.3”ダイレクト・メール”1983年第8号


「太陽の牙ダグラム」全2巻
星山博之 絵 塩山紀生
ソノラマ文庫(第1巻1983年10月31日、第2巻1984年3月31日)


装甲騎兵ボトムズ

「狩人」
高橋良輔
「アニメック」1983年10月号
*同号にシナリオ「狩人」(脚本・脚色 五武冬史)掲載


「ワイズマン―彼は何故キリコを選びしか」
五武冬史
「アニメージュ」1984年6月号付録「第6回アニメGPキャラクター部門第1位 JOINT BOOK CHIRICO」


「ザ・キリコ」
高橋良輔 絵・塩山紀生
「ボトムズ・オデッセイ」みのり書房(1985年)


「青の騎士ベルゼルガ物語」全2巻
はままさのり
「デュアルマガジン」第10号~12号
ソノラマ文庫 第1巻(1985年6月29日)、第2巻(1985年9月30日)


※ベルゼルガ物語 シナリオ「前編:運命との出会い」
高橋良輔 絵 塩山紀生
ホビージャパン別冊「青の騎士ベルゼルガ物語 『BLUE KNIGHT』」(1987年2月10日)


「装甲騎兵ボトムズ ザ・ファースト・レッドショルダー」
吉川惣司
アニメージュ文庫(1988年6月30日)絵 塩山紀生
徳間書店 合本「 愛蔵版 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」(2005年2月28日)


「装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」
吉川惣司
アニメージュ文庫(1988年12月31日)絵 塩山紀生
徳間書店 合本「 愛蔵版 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」(2005年2月28日)


「機甲猟兵メロウリンク」
高橋良輔 イラスト 谷口守泰
ソノラマ文庫(1989年3月31日)
*第1巻と書いてあるが、第2巻以降は出ていない。


「equalガネシス」
高橋良輔、visual works 村瀬修功
「ニュータイプ」1993年2月~1994年12月号(全22話)


「装甲騎兵ボトムズ」全4巻
高橋良輔、イラスト 大河原邦夫、塩山紀生
角川スニーカー文庫
装甲騎兵ボトムズ〈1〉ウド編」(2002年11月1日)
装甲騎兵ボトムズ〈2〉クメン編」(2003年2月1日)
装甲騎兵ボトムズ〈3〉サンサ編」(2003年6月1日)
装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編」(2003年10月1日)


「小説VOTOMS いちぶんの一」
高橋良輔(作・題字・画)
「日経キャラクターズ」全6回 2005年7月号no.8~2006年6月no.13
装甲騎兵ボトムズパーフェクトガイド」日経BP社(2006年8月)にまとめて掲載。



「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」連載中
高橋良輔 イラスト 塩山紀生
「日経キャラクターズ」2006年1月号no.11
「日経エンタテインメント!」2006年5月号~
*「日経キャラクターズ」2006年1月号no.11に第1話掲載後、「日経エンタテインメント!」に移籍、第1話は加筆修正され再掲載された。


「装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト」連載中
野崎透 監修 高橋良輔 キャラクターデザイン 塩山紀生 メカデザイン 大河原邦夫
「ホビージャパン」2006年9月号~
「Novel JAPAN」2006年10月号~

文庫本第1巻「装甲騎兵ボトムズコマンドフォークト ~群狼邂逅~
ホビージャパン文庫(2007年4月1日)
http://votoms.cocolog-nifty.com/web/2007/03/330_628b.html


機甲界ガリアン

※ 鳥海尽三 「月刊OUT」1985年9月号


蒼き流星SPTレイズナー

※ 星山博之
「月刊OUT」1985年12月号


※ 「死神にキスを」
伊東恒久 絵 谷口守泰
「マイアニメ」付録レイズナー小冊子
*ゴステロ、ゲイル、ジュリアの愛憎物語だそうです。


※ 一話前夜の短編
外池省二? 絵 谷口守泰
「アニメディア」付録レイズナー小冊子


「時流れ めざめし伝承者 -エイジ、空白の3年間…
外池省二(日本サンライズ)、原案 高橋良輔、イラスト 吉田徹
ムック「蒼き流星SPTレイズナー 刻印2000」(1986年12月10日)


「小説蒼き流星SPTレイズナー -刻印2000-」
伊東恒久 画 谷口守泰
アニメージュ文庫(1987年1月30日)


「蒼き流星SPTレイズナー THE CONCLUSIVE STORY 蒼き流星の行方」
竹田裕一郎 監修 高橋良輔
バップ(LD-BOX全巻購入特典 1997年4月1日)


英雄凱伝モザイカ

「モザイカ」
高橋良輔 イラスト 塩山紀生
富士見ファンタジア文庫(1992年8月25日)


ガサラキ

「ガサラキ」全4巻
野崎透 原案 矢立肇、高橋良輔
角川スニーカー文庫
1 戦術甲冑(1999年4月1日)
2 傀儡子(1999年6月1日)
3 接触(1999年8月1日)
4 未来(1999年9月1日)


「ガサラキ 村井中尉の決心」
野崎透 原案 矢立肇、高橋良輔
角川mini文庫(1999年7月25日)


FLAG

「DEAD POINT -死点- 」
原作 高橋良輔 イラスト 吉原昌宏 集英社スーパーダッシュ文庫
DEAD POINT―死点〈1〉」(2000年7月20日)
”デッド・ポイント”高橋良輔
”決定的瞬間”野崎 透
”肖像写真”五武冬史
”サラブレット”海老沼三郎

DEAD POINT―死点〈2〉」(2000年8月30日)
”君去りし後”並木 敏
”ザ・ワン”野崎 透
”過去の引力”高橋良輔

*高橋良輔が原作・監修し、各話を脚本家が執筆。
FLAGの赤城圭一が主人公だが、ガサラキのTAと実験中隊が登場する。


「FLAG外伝」(「FLAG -ANOTHER STORY-」)
野崎透
SNS PLAYLOGの野崎氏ブログ掲載(2006年7月14日から2006年9月12日)
FLAG公式サイトに転載

*第1部のみで第2部は掲載されていない


FLAG ―戦場カメラマン・白州冴子―
渡辺麻美 原作 高橋良輔 TEAM FLAG
ホビージャパン文庫(2007年4月1日)


幕末機関説いろはにほへと

幕末機関説 いろはにほへと
牧 秀彦 原作 高橋良輔 矢立肇
光文社文庫(2007年4月20日)



他に高橋良輔監督執筆による「こどものおもちゃ」全7巻(コバルト文庫)があります。また、ボトムズには「ホビージャパン」2006年3月号~5月号に高橋監督によるディオラマストーリーが載っていますが、ごく短い文のため省略してます。

| | コメント (0)

BSアニメ夜話でボトムズ、時をかける少女など

BSアニメ夜話  第1夜 母をたずねて三千里
BS2   6月26日(火)前0:00~0:55 (25日深夜)
母をたずねて三千里(1)

BSアニメ夜話  第2夜 装甲騎兵ボトムズ   BS2   6月27日(水)前0:00~0:55 (26日深夜)

装甲騎兵ボトムズ 総音楽集 

BSアニメ夜話  第3夜 時をかける少女 
BS2   6月28日(木)前0:00~0:55 (27日深夜)

時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック

細田守監督サイン入り絵コンテ販売店の記事はこちら 

BSアニメ夜話  番外編 精霊の守り人 
BS2   6月29日(木)前0:00~0:55 (28日深夜)

精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)

http://www.nhk.or.jp/bs/genre/anime_7later.html

| | コメント (0)

高橋良輔監督新作情報、幕末機関説いろはにほへとGYAO全話一気放送

高橋良輔総監督のFLAGと幕末機関説いろはにほへとが全話配信されたが、幕末機関説いろはにほへとはGYAOで2007年4月28日(土)正午より5月7日正午まで全26話無料配信される。
見逃した人は要チェック!

幕末機関説 いろはにほへと 巻の四 幕末機関説 いろはにほへと 巻の五

幕末機関説 いろはにほへと 巻の六 FLAG Vol.6【完全生産限定版】(DVD)

 

幕末機関説 いろはにほへと 幕末機関説 いろはにほへと

著者:牧 秀彦,高橋 良輔
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この2作の次は装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズが今夏放映予定だが、さらに後のオリジナル新作として「平成226(仮)」といった日本が負けてしまう(失敗する)話を企画中とか。

他にも雑誌インタビューで和製ムーミンといったものも同時に考えているとおっしゃっていた。

是非2つとも実現して欲しい。

日経エンタテインメント ! 2007年 06月号 [雑誌] (装甲騎兵ボトムズ 孤影再び連載)

装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー(DVD)

装甲騎兵ボトムズコマンドフォークト 〜群狼邂逅〜

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ スペシャルVer.

| | コメント (0)