« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

三津田 信三『首無の如き祟るもの』感想

三津田 信三『首無の如き祟るもの』原書房

「たった一つのある事実」に気づけば分かるというメイントリック自体はなかなか優れているがベスト級ではないだろう。
しかし二転三転する真犯人とどんでん返しは凄い!

戦前の閉ざされた旧家の奇妙な風習や祟りを扱っているにしてはドライで物語にのめり込めない感があった。文章も話も分かりやすく読みやすいように心掛けてるのだろうと思ったが、全ては最後のオチの余韻を際だたせるための手法なのだろう。

首無の如き祟るもの
首無の如き祟るもの

| | コメント (0)

アニメ・漫画の都市伝説

天空の城ラピュタ 幻のエンディングの真相!?(画像付)はこちらの記事です。

アニメの都市伝説ではジブリの
・ラピュタに幻のエンディングがある!?
・トトロのサツキとメイは実は死んでる!?
というのが有名だが、後者はあまり興味がない。映画の後半、キャラの影が消えているということだが…

前者のラピュタについては以下のサイトが詳しい。

(1)
(2)
(3)

私も見たことがある!といった生々しい証言が多く、ファンタ ゴールデンアップル味に似て不気味である。
ただ、録画したビデオを持っていると言った人が、後で確認したら映ってなかったというのに私も2回遭遇しているので、実在は疑わしいと思う。

しかし、『スタジオジブリ作品関連資料集1』のラピュタの項の扉ページに、パズーがオーニソプターにのってゴンドアのシータを訪ねる絵が載っているほか、『THE ART OF LAPUTA』巻末のラピュタのシナリオ準備稿の最後に「いこう!シータの谷へ!」というパズーのセリフが出てくるという事実もある。

パズーがゴンドアの谷に訪れるという初期の構想があったのは確かなのだろう。


漫画では荒木飛呂彦がジョジョの奇妙な冒険第3部で911テロを予言したという都市伝説がある。

ジョジョの奇妙な冒険 (20)
ジョジョの奇妙な冒険 (20)

上の巻のボインゴの予言で電柱につきささった男の服に911の文字がある、さらにその時間が10時半だからだそうだ。

作者の荒木飛呂彦自身、若々しいのは波紋使いであるためであるとか、新撰組の土方歳三その人じゃないかという噂も。

| | コメント (0)

片頭痛(偏頭痛)・主治医が見つかる診療所

テレビ東京の主治医が見つかる診療所で片頭痛(偏頭痛)特集。

私も偏頭痛持ちなのだが、偏頭痛持ちの人は脳梗塞になる確率が2倍という怖い話も。

仕事が終わった後や帰宅後などほっとした時になりやすいと言われていたが、たしかにその傾向が強い。

2親等以内に頭痛持ちがいることが多いそうだが、私の場合は違うようだ。

市販の頭痛薬でごまかすのは駄目という話も。
TVではやらなかったが、頭痛薬を飲み過ぎるとかえって頭痛になる言われている。

きちんと病院に行き、検査を受けることが重要だとか。

しかし、頭痛のことが分かっている医者が少ないのも事実である。
私も5つ以上の病院に行った。

最後に片頭痛予防の食べ物の紹介。
「うなぎとひれ」
すなわち
・うなぎ
・納豆
・牛乳
・とうもろこし
・ひじき
・レバー
がいいとか。

下は今日出演の清水俊彦先生の著書。私も読んだが、片頭痛に効くハーブティーの紹介などためになる内容が多い。

薬をやめたら頭痛が治る―頭痛治療Q&A 頭痛にくわしい病院一覧付
薬をやめたら頭痛が治る―頭痛治療Q&A 頭痛にくわしい病院一覧付

「頭痛くらい」で病院へ行こう
「頭痛くらい」で病院へ行こう

| | コメント (0)

5/19ドッカ~ン! ハローバイバイ関暁夫・都市伝説先生感想

5月19日のTBSドッカ~ン!のスティーブン・セキルバーグことハローバイバイ関暁夫の都市伝説先生感想。

最初のUFOのモノクロ写真は、色のネガを見た後たしかに残像によってカラーに見えた。これをオカルト的にUFOからのテレパシーと紹介していた。

一番興味深かったのは週刊少年ジャンプに隠された謎。

Photo_3

上のジャンプのマークを横向きにすると少女に見えるという。


2_1

確かに少女の顔に見える。

週刊少年サンデーのマークは浦沢直樹の「20世紀少年」でともだちのマークの原型として取り上げられたが、ジャンプのマークにも秘密があったとは。まあ偶然なんだろうけど。
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1)

21世紀少年 上 (1)
21世紀少年 上 (1)

他にもカールにカールおじさんとケロ太の形をしたカールが入っていることがあるとか、空き缶のプルタブを外すとウド鈴木に見えるとか、下の本でも紹介された千円札の野口英世の謎などが取り上げられた。

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第

上記の本に載っている不思議なペーパークラフトについてはこちらの記事をご覧ください(本に載っていない種明かし有)。

ハローバイバイ関暁夫出演、4月21日TBS「ドッカ~ン!地球のナゾをぶっとばせSP」の記事はこちら

飯倉交差点のパワースポットなどBSフジ TV☆Lab「都市伝説特捜部」の感想・まとめはこちらの記事。

やりすぎコージーDVD1 ウソか本当かわからない都市伝説 第1章
やりすぎコージーDVD1 ウソか本当かわからない都市伝説 第1章

やりすぎコージーDVD8 ウソかホントかわからない芸人都市伝説 第2章

| | コメント (0)

細田守監督サイン入り絵コンテ発売中

細田守監督サイン入り「デジモンアドベンチャー絵コンテ」(飛鳥新社)がまんがの森本店で販売中。
http://www.manganomori.net/
通販もあり。

デジモンアドベンチャー絵コンテ・細田守―ANIMESTYLE ARCHIVE
デジモンアドベンチャー絵コンテ・細田守―ANIMESTYLE ARCHIVE

Digimonhosodaauto_1

細田守監督の時をかける少女感想の記事はこちら

| | コメント (0)

麻耶雄嵩 小説以外の文章・インタビューリスト

麻耶雄嵩
小説以外の文章・インタビューリスト

不完全です。
追加・訂正お願いいたします。

麻耶雄嵩 作品リスト(小説)はこちらのページです。


『週刊現代』 1996年6月22日号 
「「トリック」の設定に悩み抜いて考案した奇抜なアイデアとは?」 〈話題の本の著者を直撃〉『あいにくの雨で』 


『IN・POCKET』1996年7月号 「蒼鴉城に刻まれた「あの頃」」


『ダ・ヴィンチ』1996年9月号 「麻耶雄嵩からT・Aへ」 ミステリー作家交友録第5回


『小説すばる』 1996年10月号 「素敵に愉快な時代劇の世界」(必殺時代劇座談会)
京極夏彦・我孫子武丸・麻耶雄嵩・貫井徳郎  


『ニューウエイヴ・ミステリ読本』(1997年3月) インタビュー


ピーター・ディキンスン『毒の神託』原書房(1998年3月)解説


山田正紀 『女囮捜査官5 味覚』幻冬舎文庫(1999年6月)解説


『ユリイカ』1999年12月号 「論理は騙る」インタビュー


『IN・POCKET』1999年05月号「あいにくのデキで」


『幻想文学』55号1999年 「無意識の幻想派」


『このミステリーがすごい!』1999年 私の隠し玉


『IN・POCKET』2000年08月号「『なつかしの味?』もう一つのあとがき」

※『メルカトルと美袋のための殺人』について


『このミステリーがすごい!』2000年 私の隠し玉


『活字倶楽部 ~別冊ぱふ』2001年冬 第20号 インタビュー


『このミステリーがすごい!』2001年 私の隠し玉


鮎川哲也『死のある風景』創元推理文庫(2002年9月)解説


『このミステリーがすごい!』2002年 私の隠し玉


『このミステリーがすごい!』2003年 私の隠し玉


『ジャーロ』2004年夏 NO.16 ジャーロリンクエッセイ <日常のなかのミステリー> 名探偵は必要?
※『名探偵木更津悠也』について


『このミステリーがすごい!』2004年 私の隠し玉


『ミステリーズ! Vol.06』東京創元社(2004年8月号)「ヘリオスの神像」当選者発表! 応募解答についての講評。


『このミステリーがすごい!』2005年 私の隠し玉


『ジャーロ』2005年冬 No.18 「海外ミステリー オールタイム・ベスト100」「マイベスト7」


『このミステリーがすごい!』2006年 私の隠し玉


『このミステリーがすごい!』2007年 私の隠し玉


『活字倶楽部』2007年3月号 インタビュー


| | コメント (0)

ハローバイバイ関暁夫出演、TV☆Lab「都市伝説特捜部」感想・まとめ

BSフジで放送されたTV☆Lab「都市伝説特捜部」感想・まとめ


都市伝説特捜部はハローバイバイ関暁夫ことスティーブン・セキルバーグがリーダー。部下の脇知弘、載寧龍二、高部あいと調査に乗り出すという内容。

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第

の本と重なる内容も多かったが、新情報もあった。

上記の本に載っている不思議なペーパークラフトについてはこちらの記事をご覧ください(本に載っていない種明かし有)。

ハローバイバイ関暁夫出演、4月21日TBS「ドッカ~ン!地球のナゾをぶっとばせSP」の記事はこちら

興味深かったの、4月21日TBS「ドッカ~ン!地球のナゾをぶっとばせSP」で触れられた飯倉交差点パワースポットについて詳述されたこと。

気の流れる道、龍脈の通り道は不思議な力がありパワースポットになっている。

飯倉交差点
の外苑東通りは上から下へくだり、上へ昇っていく。
一方桜田通りは下から上へと昇り、そして下る。
谷底でもあり頂点でもある場所は何とも不思議なポイントになっている。
さらに気を集める東京タワーが立っている。
このことにより飯倉交差点パワースポットの一つになっているとか。

さらに別のパワースポットとして明治神宮がある。
明治神宮には富士山からの龍脈が通っていて、うっそうとした森をたたえる神宮はパワーオアシスといえる場所である。
神社本殿手前10メートルが一番気が集まる場所として有名とか。

東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!
東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!


一番面白かったのは18の数字の謎。
666は西洋で悪魔的獣を表す数字で666=18。
大地震と18の関係はに載っていたが、下の偶然の一致は初耳。

在京AMラジオ局と18の関係


NHK第一放送 594KHz 5+9+4=18
NHK第二放送 693KHz 6+9+3=18
TBSラジオ 954KHz 9+5+4=18
文化放送 1134KHz 11+3+4=18
ニッポン放送 1242KHz 12+4+2=18
ラジオ日本 1422KHz 14+2+2=18



最後にこちらの記事で以前当ブログでも取り上げたジョン・タイターの予言の話題。

未来人ジョン・タイターの大予言―2036年からのタイムトラベラー
未来人ジョン・タイターの大予言―2036年からのタイムトラベラー

からの引用が多く、目新しい情報はなかった。


なお、このTV☆Lab「都市伝説特捜部」はBSフジで以下の日程で再放送が予定されている。

5月16日(水) 24:00~24:55
5月20日(日) 22:00~22:55
5月23日(水) 24:00~24:55

やりすぎコージーDVD1 ウソか本当かわからない都市伝説 第1章
やりすぎコージーDVD1 ウソか本当かわからない都市伝説 第1章

やりすぎコージーDVD8 ウソかホントかわからない芸人都市伝説 第2章

| | コメント (0)

BSフジで都市伝説特集放送予定

TV☆Lab「都市伝説特捜部」
BSフジ
5月13日(日) 22:00~22:55
(再放送)5月16日(水) 24:00~24:55
(再放送)5月20日(日) 22:00~22:55
(再放送)5月23日(水) 24:00~24:55

ハローバイバイ関暁夫も出演予定。

この番組の感想・レポートはこちらの記事。

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第

| | コメント (0)

ラーメン勇

新橋のラーメン勇(いさむ)にはじめて行きました。

Photo_1

正油こってり味玉を頼みました。先払いで900円。
スープを注ぐときに店長が「本日のスープの透明度です」と一言。

2_3


かつてのがんこ16代目にはおよばないものの、今の16代や池袋の総本家よりはおいしいと思いました。

ラーメンの写真を撮ってもいいですかと聞くと「いいですよ」とOKされ携帯で撮らせていただきましたが、店を出るときに「携帯などの忘れ物がないように」と声をかけられました。

ラーメン勇は5月末で閉店ということ。
今のうちにどうぞ。

| | コメント (0)

コードギアス第24・25話先行プレミア試写会

コードギアス第24・25話先行プレミア試写会

(1)日 時: 7月21日(土)
会 場: 大阪 御堂会館 大ホール(大阪市中央区九太郎町四丁目)
時 間: 開場 13:00 開演14:00 終演:15:30

(2)日 時: 7月22日(日)
会 場: 東京 ニューピアホール(港区海岸一丁目)
時 間: 開場 13:00 開演:14:00 終演:15:30

(3)日 時: 7月22日(日)
  会 場: 東京 ニューピアホール(港区海岸一丁目)
時 間: 開場 17:00 開演:18:00 終演:19:30

ゲスト:福山潤(ルルーシュ役)、櫻井孝宏(スザク役)、ゆかな(C.C.役)、小清水亜美(カレン役)

応募券を貼って往復はがきを出すか、BIGLOBEのサイトから応募。
後者は5月21日から。BIGLOBEカフェ会員(無料)限定。

●宛 先:〒106-0045 麻布十番郵便局留 「コードギアス 先行上映会」事務局宛
 ※締 切 : 6月25日(月) 当日消印有効

応募券は下の雑誌にそれぞれ1枚付いている。

Newtype (ニュータイプ) 2007年 06月号 [雑誌]
Newtype (ニュータイプ) 2007年 06月号 [雑誌]

このニュータイプ6月号には今までのコードギアスの記事全てをまとめた冊子が付属している。

 

VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2007年 06月号 [雑誌]
VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2007年 06月号 [雑誌]

月刊ASUKA 2007年7月号(5月24日発売)

コンプエースVol.15(5月26日発売)

Newtype (ニュータイプ) 2007年 7月号(6月8日発売)

または、アニメイトでコードギアス関連商品を1000円以上購入しても応募券が1枚もらえる。

http://www.geass.jp/special_13.html

| | コメント (0)

麻耶雄嵩「名探偵 木更津悠也」光文社文庫発売・書評

麻耶雄嵩の短編集が文庫化。光文社文庫。
「名探偵 木更津悠也」
名探偵 木更津悠也

しかし…

Maya_1

書評
麻耶雄嵩の長編は最高に素晴らしい。その雄大な奇想に比べて短編はだいぶ落ちる。事件やロジックは大したことなく、探偵とワトソン役の関係へのパロディにクスリと笑う程度である。
しかし、他の凡百の作家の短編に比べたらはるかに優れている。

| | コメント (0)

ダ・ヴィンチ6月号で都市伝説特集

ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2007年 06月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチ今月号は都市伝説の特集。

スティーブン・セキルバーグことハローバイバイ関暁夫のインタビュー記事も掲載。
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第

例えば豊臣秀吉がなぜ猿と呼ばれていたのかは本には書けない。 あくまで本は入口とのこと。

ダ・ヴィンチの特集では秋元康や加藤晴彦らの著名人インタビューや大槻ケンヂと石原まこちんの対談、定番都市伝説の紹介、都市伝説本の紹介など。

定番都市伝説では「夢と違うじゃねえか」が興味深かったが、ダ・ヴィンチの記事はよく知られた話が多く、全体に無難な印象。

ダ・ヴィンチ都市伝説特集ではやはりハローバイバイ関暁夫のインタビューが一番読みごたえがあった。
彼のトークや本が面白いのは、普通とは異なる切り口から語られるからだろう。

| | コメント (0)

高橋良輔アニメ ノベライズ・小説一覧

高橋良輔監督アニメ ノベライズ・小説一覧

前のブログから移行・改訂版
※印は未確認です。
同人作品は含みません。
雑誌掲載されたまま単行本になっていないものは十分把握していません。
追加・訂正がありましたらご教示ください。

以前のブログでキミドリさんからコメントで詳細な雑誌連載小説のデータをいただきました。その情報を追加いたしました。
他に幡池イラストの連載(内容・執筆者不明)がB-CLUBにあったそうです。

太陽の牙ダグラム

「BATTLE STORY IN TEAL.」
製作総指揮 勝又 諄、作画担当 不死臣志狼、モデル製作 真泉組
「デュアルマガジン」
ティアル星戦記SECT.1”ラブ・コール” 1983年第6号
ティアル星戦記SECT.2”ホットライン” 1983年第7号
ティアル星戦記SECT.3”ダイレクト・メール”1983年第8号


「太陽の牙ダグラム」全2巻
星山博之 絵 塩山紀生
ソノラマ文庫(第1巻1983年10月31日、第2巻1984年3月31日)


装甲騎兵ボトムズ

「狩人」
高橋良輔
「アニメック」1983年10月号
*同号にシナリオ「狩人」(脚本・脚色 五武冬史)掲載


「ワイズマン―彼は何故キリコを選びしか」
五武冬史
「アニメージュ」1984年6月号付録「第6回アニメGPキャラクター部門第1位 JOINT BOOK CHIRICO」


「ザ・キリコ」
高橋良輔 絵・塩山紀生
「ボトムズ・オデッセイ」みのり書房(1985年)


「青の騎士ベルゼルガ物語」全2巻
はままさのり
「デュアルマガジン」第10号~12号
ソノラマ文庫 第1巻(1985年6月29日)、第2巻(1985年9月30日)


※ベルゼルガ物語 シナリオ「前編:運命との出会い」
高橋良輔 絵 塩山紀生
ホビージャパン別冊「青の騎士ベルゼルガ物語 『BLUE KNIGHT』」(1987年2月10日)


「装甲騎兵ボトムズ ザ・ファースト・レッドショルダー」
吉川惣司
アニメージュ文庫(1988年6月30日)絵 塩山紀生
徳間書店 合本「 愛蔵版 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」(2005年2月28日)


「装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」
吉川惣司
アニメージュ文庫(1988年12月31日)絵 塩山紀生
徳間書店 合本「 愛蔵版 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」(2005年2月28日)


「機甲猟兵メロウリンク」
高橋良輔 イラスト 谷口守泰
ソノラマ文庫(1989年3月31日)
*第1巻と書いてあるが、第2巻以降は出ていない。


「equalガネシス」
高橋良輔、visual works 村瀬修功
「ニュータイプ」1993年2月~1994年12月号(全22話)


「装甲騎兵ボトムズ」全4巻
高橋良輔、イラスト 大河原邦夫、塩山紀生
角川スニーカー文庫
装甲騎兵ボトムズ〈1〉ウド編」(2002年11月1日)
装甲騎兵ボトムズ〈2〉クメン編」(2003年2月1日)
装甲騎兵ボトムズ〈3〉サンサ編」(2003年6月1日)
装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編」(2003年10月1日)


「小説VOTOMS いちぶんの一」
高橋良輔(作・題字・画)
「日経キャラクターズ」全6回 2005年7月号no.8~2006年6月no.13
装甲騎兵ボトムズパーフェクトガイド」日経BP社(2006年8月)にまとめて掲載。



「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」連載中
高橋良輔 イラスト 塩山紀生
「日経キャラクターズ」2006年1月号no.11
「日経エンタテインメント!」2006年5月号~
*「日経キャラクターズ」2006年1月号no.11に第1話掲載後、「日経エンタテインメント!」に移籍、第1話は加筆修正され再掲載された。


「装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト」連載中
野崎透 監修 高橋良輔 キャラクターデザイン 塩山紀生 メカデザイン 大河原邦夫
「ホビージャパン」2006年9月号~
「Novel JAPAN」2006年10月号~

文庫本第1巻「装甲騎兵ボトムズコマンドフォークト ~群狼邂逅~
ホビージャパン文庫(2007年4月1日)
http://votoms.cocolog-nifty.com/web/2007/03/330_628b.html


機甲界ガリアン

※ 鳥海尽三 「月刊OUT」1985年9月号


蒼き流星SPTレイズナー

※ 星山博之
「月刊OUT」1985年12月号


※ 「死神にキスを」
伊東恒久 絵 谷口守泰
「マイアニメ」付録レイズナー小冊子
*ゴステロ、ゲイル、ジュリアの愛憎物語だそうです。


※ 一話前夜の短編
外池省二? 絵 谷口守泰
「アニメディア」付録レイズナー小冊子


「時流れ めざめし伝承者 -エイジ、空白の3年間…
外池省二(日本サンライズ)、原案 高橋良輔、イラスト 吉田徹
ムック「蒼き流星SPTレイズナー 刻印2000」(1986年12月10日)


「小説蒼き流星SPTレイズナー -刻印2000-」
伊東恒久 画 谷口守泰
アニメージュ文庫(1987年1月30日)


「蒼き流星SPTレイズナー THE CONCLUSIVE STORY 蒼き流星の行方」
竹田裕一郎 監修 高橋良輔
バップ(LD-BOX全巻購入特典 1997年4月1日)


英雄凱伝モザイカ

「モザイカ」
高橋良輔 イラスト 塩山紀生
富士見ファンタジア文庫(1992年8月25日)


ガサラキ

「ガサラキ」全4巻
野崎透 原案 矢立肇、高橋良輔
角川スニーカー文庫
1 戦術甲冑(1999年4月1日)
2 傀儡子(1999年6月1日)
3 接触(1999年8月1日)
4 未来(1999年9月1日)


「ガサラキ 村井中尉の決心」
野崎透 原案 矢立肇、高橋良輔
角川mini文庫(1999年7月25日)


FLAG

「DEAD POINT -死点- 」
原作 高橋良輔 イラスト 吉原昌宏 集英社スーパーダッシュ文庫
DEAD POINT―死点〈1〉」(2000年7月20日)
”デッド・ポイント”高橋良輔
”決定的瞬間”野崎 透
”肖像写真”五武冬史
”サラブレット”海老沼三郎

DEAD POINT―死点〈2〉」(2000年8月30日)
”君去りし後”並木 敏
”ザ・ワン”野崎 透
”過去の引力”高橋良輔

*高橋良輔が原作・監修し、各話を脚本家が執筆。
FLAGの赤城圭一が主人公だが、ガサラキのTAと実験中隊が登場する。


「FLAG外伝」(「FLAG -ANOTHER STORY-」)
野崎透
SNS PLAYLOGの野崎氏ブログ掲載(2006年7月14日から2006年9月12日)
FLAG公式サイトに転載

*第1部のみで第2部は掲載されていない


FLAG ―戦場カメラマン・白州冴子―
渡辺麻美 原作 高橋良輔 TEAM FLAG
ホビージャパン文庫(2007年4月1日)


幕末機関説いろはにほへと

幕末機関説 いろはにほへと
牧 秀彦 原作 高橋良輔 矢立肇
光文社文庫(2007年4月20日)



他に高橋良輔監督執筆による「こどものおもちゃ」全7巻(コバルト文庫)があります。また、ボトムズには「ホビージャパン」2006年3月号~5月号に高橋監督によるディオラマストーリーが載っていますが、ごく短い文のため省略してます。

| | コメント (0)

アニメ・デスノート第29話「父親」感想

アニメ・デスノート第29話「父親」感想

はしょりすぎの急展開。
せっかくの父親との別れの場面も興ざめである。

アメリカ大統領をだましたり殺したりという展開がやばかったのか。
それとも実写映画の公開が終わり、DVD販売も一段落したからか。
第2部の評判がいまひとつだからか。

第2部は結末以外は結構好きなので、次回以降はじっくりやってくれることを望む。

ちなみに今回の内容は原作コミック第8巻から第9巻。

DEATH NOTE (8) DEATH NOTE (8)

著者:大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DEATH NOTE (9) DEATH NOTE (9)

著者:大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »